介護福祉士として働くために専門学校へ通ってみませんか?

介護福祉士として働くために専門学校へ通ってみませんか?

介護福祉士を目指すなら専門学校に通うことを検討しよう

リハビリをする

介護福祉士は、社会福祉士・精神保健福祉士と並んで「三福祉士」と呼ばれる福祉系国家資格の一つです。介護福祉士は高齢者介護だけでなく、障がい者支援など福祉の様々な分野のほか、医療分野でも活躍が期待される職種です。これからの高齢社会や、多様性が重んじられる社会において、利用者さんに直接支援を行う専門職です。
介護福祉士になるためには様々なルートがありますが、その一つとして介護福祉士を養成する専門学校があげられます。多くの専門学校では2年制となっており、介護福祉の理論および実技を体系的に学びます。また、実習もあり現場の体験を通して学んだ理論や実技を現場で通用するレベルに引き上げる機会も設けられており、卒業後の即戦力になることが期待されます。
卒業するときには介護福祉士国家試験の受験資格が与えられ、国家試験に合格すれば介護福祉士として活躍するスタートを切ることができます。
介護福祉士を養成する専門学校は全国各地に多くあり、学校によっては関連資格を併せて取得することができることもあります。また、都市部の専門学校では交通の便がいいことが多いだけでなく、就職先の紹介もたくさんある傾向にあります。まずは自分のニーズに合った専門学校を探してみて、これからの社会で活躍できる介護福祉士を目指してみてはいかがでしょうか。

イチオシ情報

TOP